肥後拵え
ホーム 居合道とは 当会紹介 技前一覧 稽古日・アクセス 見学入会 Q&A
会員 メール 書 斎

紅葉のバックボタン

伯耆流と肥後拵について

肥後拵は、肥後藩主細川忠興公(号三斎)の創作拵で、細川藩に伝わる堅牢
かつ雅致のある平常指であり、その様式には利休七哲の一人に数えられ、茶道の三斎流の開祖でもあった忠興公のわび・さび感覚と伯耆流居合の実用性が融合したものといわれています。

忠興公と伯耆流流祖片山伯耆守久安公(慶安三年没)は、久安公が豊臣秀次の武術師範であったことから、秀次を通じて面識もあり、伯耆流は細川藩にも広まったとされています。

肥後拵は伯耆流居合に用いる関係で、刀身は二尺一寸程度、柄も七寸程度と短い。刀身と柄が短いことは、抜打ちの場合に早く刀を抜くことができ、片手で切り込めば五寸程度切先が延びるという、居合の片手切りの優位性によるものである。 三斎公は、前述の通り茶道にあかるいのみならず、知識人としても美術感覚にも優れた人で、刀装金工の庇護や育成にも非常に力を注がれました。この関係で、細川藩には、林又七西垣勘四郎志水甚五平田彦三などの名工が排出し、肥後金工の名声を全国に轟かせるとともに、その伝統は現在まで受けつがれております。 なお、幕末には、江戸四谷の細川藩の抱え金工熊谷一派が、金銀象嵌の派手な鐔を使い、派手な柄糸を用いた江戸肥後拵を流行らせましたが、あまり雅味が感じられず本家の雅致のある拵とは異なるものでした。

【柄】
柄は七寸あるいはそれ以下と短く両立鼓をとり、巻下鮫は黒漆を塗り、堅牢かつ防水性をもたせる。柄巻は主に鹿革で巻き、漆を塗ることもある。

【金具】
金具の材質は鉄が多く、烏銅、真鍮も使われる。縁の形は腰が低く、桶形、蟻腰形、戸樋形、太鼓形、壺口形などがあり、頭の形は棗形、袴腰形、底形、結形、行合波形、眠鶴形、鼻操形、半太刀頭などがありますが、これに象嵌を加えたり、縁を薄革で包むなどの趣向が凝らされます。

【目貫・鐔】
目貫は章魚、鯰魚、蟹、蛙子などの古い後藤物を使い、鐔は前述肥後金工たちによって造られた鉄の透かし鐔、素銅、真鍮のなまこ透かしや象嵌鐔が用いられます。

【鞘】
鞘は鮫革で包み研いだものを多くみかけますが、漆を丈夫にかけたものもあり、最近の拵では一般的に乾漆が多く用いられているようです。鐺は鉄の泥摺りをつけます。小柄はまれで、肥後独特の馬針を用います。返角は、栗形の上側を向く


紅葉のバックボタン
メール